知財コラム

「知財キャラバン」

知財キャラバンは、日本弁理士会が平成 27 年及び 28 年の事業として取り組んでいることを、本中国地域知的財産戦略本部メールマガジン第 240 号(2016.9.7)、第 243 号(2016.9.21)の「知財コラム」で紹介させて頂きました。
知財キャラバンは、中小企業様の事業・経営に役立ったとの報告がされており、平成 29~30 年度も継続して行われることになりました。弁理士会ホームページ( http://www.jpaa.or.jp/ )のタグ「弁理士知財キャラバン」には、知財キャラバンのアンケート調査報告、好評を頂いた企業様のインタビュー報告、知財キャラバンのタイプ別活用事例(知財の有効活用・自社製品の事業展開に関する相談型4モデル、研究開発に関する相談型3モデル、事業戦略・知的資産経営に関する相談型8モデル)などが紹介されています。
知財キャラバンは、全国で127社から申請を頂き、中国地方では12社から申請を頂きました。現在も3社の知財コンサルを実施中です。
知財コンサルを実施した企業様からは、「弁理士について活用方法が広がった。」、「当社の強み、弱みを第3者の目線から分析頂き、当社の立ち位置や営業戦略に大変役立った。」との感想を頂いています。
本知財コンサルは無料で3回行われますが、「有料でもさらに知財コンサルを受けたい」との感想も頂いております。
知財キャラバンは、弁理士会ホームページから直接申請することができます。また、日本弁理士会中国支部にご相談することもできます。
(広島市中区八丁堀 15-6 広島ちゅうぎんビル 4 階、tel.082-224-3944)。

(日本弁理士会中国支部 弁理士 T・K)

バックナンバー

知財コラムの一覧に戻る