知財コラム

「特許になる? 特許にする?」

「これが特許になりますか?」という相談をよく受けます。もちろん「これ」というのは発明品であり、要するに、あるものを考えたが、これが特許権として成立するか?というご質問です。
特許になるかどうか、これは極めて難しい質問です。しかし、「特許になる」のではなく、特許権を積極的に成立させるべく、「特許にする」、「なにがなんでも特許権を取得する」という気持ちを発明者の方に持っていただきたいと思っています。
たしかに、考えられたものそのままを書類にしたためれば特許になるものもあるかも知れませんが、大半はそのままで特許にするのというのはいわゆる進歩性の面で困難です。
特許にするためには、発明に至るまでの論理展開の検討、先行技術との比較の仕方、実施例の追加、追加実験、追加試験等が必要になることが多く、しかも、機械系の分野、化学系の分野等、分野毎でその考え方が異なっていることもあります。「特許にする」には発明者の方の意欲が重要ですが、その方向が適切な方向でなければ空回りしてしまいます。「特許にする」ための方向付けは弁理士の得意分野です。弁理士に相談してみて下さい。

(日本弁理士会中国支部 弁理士 齋藤 克也)

バックナンバー

知財コラムの一覧に戻る