知財コラム

「弁理士知財キャラバンのご紹介」

皆さん、こんにちは。
初めて当メールマガジンを書かせていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。
さて、初回は、日本弁理士会が行っている「弁理士知財キャラバン」について、ご紹介したいと思います。この「弁理士知財キャラバン」とは、知財コンサルティングのスキルを持った複数の弁理士が直接企業を最大3回訪問させていただき、課題を共に解決していくというものです。
通常の手順としましては、最初の訪問で、訪問先企業の事業概要やお困りの点、理想の姿等について詳細にお伺いします。その結果に基づき、弁理士がその企業の現状や、抱えていると思われる課題を抽出いたします。
次に、第2回目の訪問で、これらをご報告し 、訪問先企業自身がお考えになっている現状及び課題との摺り合わせを共に行います。その結果に基づき、第3回目の訪問で、摺り合わせた課題の解決方法をご提案いたします。
今まで知財に馴染みがない、弁理士に会ったこともないが、そろそろ知財を活用してみたいといった企業の方や、すでに知財を活用しているものの、さらなる活用で我が社の業績・知名度を向上させたいという方に、有益な情報をご提供できるものと思います。なお、最大3回の訪問は、いずれも無料となっています。
では、「弁理士知財キャラバン」について、少しでも興味をお持ちになった方は、ぜひ日本弁理士会のホームページのhttp://www.jpaa.or.jp/activity/caravan/をご参照ください。

(日本弁理士会中国支部 弁理士 金井 一美)

バックナンバー

知財コラムの一覧に戻る