知財コラム

「よろず相談会」

 先日、第27回よろず相談会が広島市役所にて開催されました。よろず相談会とは、広島の12の士業からなる広島自由業団体連絡協議会と広島市とが主催する無料相談会であり、各分野のスペシャリスト達が集まって市民の様々な相談に乗るというイベントです。今年は、弁理士会が幹事団体の1つとなっており、実行委員の1人として私も運営の方に関わらせて頂きました。当日は、主に受付の方で市民の方を各士業の先生方まで案内する役を担い、慣れない仕事で疲れましたが、帰り際に受付前に立ち止まり「悩んでたことが解決した!ありがとう。」とおっしゃって下さる方もいて、大変でしたが少しは市民の方々のお役に立てたのではないかと自負しております。
 さて、よろず相談会は、今年で27回目の開催だったわけですが、やはり弁護士に相談される方が圧倒的に多いです。一方、よろず相談会は、複数の士業が一同に集まるとともに各士業においては複数の先生が待機されていますので、複数の士業をはしごしながら相談される方や、同じ士業でも違った先生に意見を聞きたいと再び待たれて相談される方もいらっしゃいます。例えば、他人の特許権を侵害しているか否かの具体的な判断は、我々弁理士が得意とするところですが、それに関する具体的な訴訟の内容を弁護士に相談するといった感じかと思います。
 このように、この相談会をうまく活用して頂ければ、貴方の複雑な事案の相談が一日で解決するかもしれません。
 よろず相談会は、毎年11月の上旬に開催されます。今年の開催は終わってしまいましたが、来年以降、発明や商標等についての相談がありましたら、ぜひ会場に足を運んで弁理士のブースにお立ち寄り下さい。お待ちしております。また、発明や商標等についての相談は、日本弁理士会中国会においても毎週無料相談会を行っていますので、こちらの方も有効に活用して頂ければ幸いです。

(日本弁理士会中国会 弁理士 大西 渉)

バックナンバー

知財コラムの一覧に戻る