新着情報

12月11日『巡回特許庁in岡山』にてイベントを開催します

2019.11.06 お知らせ

 12月11日(水)に岡山市で開催される『巡回特許庁in岡山』において、日本弁理士会として『農林水産業、知財の収穫もお忘れなく ~知財の収穫(活用)が、もうけの花道~』を開催します。

 肥料や水のやり方、枝打ちや間伐の方法、そして魚の血抜処理や養殖生け簀の設置方法等、農林水産業においても、日々の工夫によって生じる「知的財産」が付加価値を生んでいます。また、農林水産物のブランド化によって、その価値・評価を高めようとする取組も活発です。農林水産業において生み出される知的財産を意識し収穫(活用)することで、自らの「強み」をより高め、そして持続・発展させませんか。
農林水産業関係者、自治体関係者、知財に興味のある方等、農林水産業の知財について興味があるけど、よくわからないと思っている方におすすめです。

詳細およびお申し込みはこちら(「巡回特許庁ウェブサイト」へのリンクします)

新着情報の一覧に戻る